自分で建材や工具を揃えて家具や雑貨を製作しよう

家具を製作

玄関網戸を購入して設置をするときには通気性が良いものを選ぶことが大切です。通気性が良いものにすることで部屋全体に新鮮な空気を行き渡らせることができます。夏場は涼しい環境下の中で過ごせます。

続きを読む

劣化に気をつける

玄関網戸は長く使っていると雨や汚れなどによって少しずつ劣化してしまいます。そのため定期的なお手入れをするとともに交換を検討することも大切です。雨や風などが続くと劣化しやすいとされています。

続きを読む

通気性を考える

ゲリラ豪雨が起きても安心!吸水土嚢はどんな水害もへっちゃらです。水分を含む前には軽いので持ち運びが楽ですよ。

家に窓が少ないと部屋全体の空気がこもって菌が繁殖しやすい状態になってしまうので、常に換気をすることを心掛けることも必要です。
夏場は特に部屋ではクーラーをかける家庭も増えるので、そのときは部屋を閉めきってしまいます。
それを毎日続けていると部屋の中に汚れや菌が充満してしまうため、体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。
ずっとクーラーを付けるのではなく、定期的に玄関網戸にして換気をすることで新鮮な空気を入れ込むことができます。
できればずっと空気の換気を行なうのが良いですが、窓を全開にしてしまうと空気とともに虫やホコリなども同時に入ってしまいます。
それを防ぐためには玄関網戸にすることによって通気性を良くしながらも虫やホコリなどの侵入を防ぐことができます。
玄関網戸は網目が細かくなっていますが、商品によっては網目が荒い場合があります。
その際は玄関網戸にしていたとしても隙間から虫が入ってしまう可能性があるので注意が必要になります。
特に夏場の暑いときは蚊などの虫が大量発生しやすいので、夜寝ているときなどは気づかないうちに刺されてしまうケースも多いです。

玄関網戸を購入するときは網目が細かいものを選ぶと未然に被害を防ぐことができます。
玄関網戸だけではなく他の窓にも網戸を導入することによって窓を開けたときは新鮮な空気だけを部屋全体に行き渡らせることができます。
クーラーを使うよりもエコになるので毎日の電気代の節約にも繋がります。

プライバシー面

玄関網戸を住宅に導入するときはプライバシー面を考えておくことも大切です。網戸を開けていて丸見えの場合は部屋の中を見られてしまいますが、プライバシー面を重視したものは外から見えないようになっています。

続きを読む

暑い夏を乗り越える

暑い夏を乗り越えるためには玄関網戸にすることでエコな生活を送ることができます。エアコンの風だと空気が乾燥しているので喉を壊してしまいがちですが、自然の風なら体にもやさしいので安心です。

続きを読む