自分で建材や工具を揃えて家具や雑貨を製作しよう

暑い夏を乗り越える

梅雨の時期や夏場の時期になるとジメジメして暑くなってしまうため、家庭では暑さを和らげるためにクーラーを付けるところも多いです。
クーラーを使用することで部屋全体を一気に涼しくすることができますが、毎日クーラーを使っていると電気代が上がってしまいます。
その他にもクーラーは乾燥している風なので喉が乾燥して風のような状態になってしまうこともあります。
クーラーの使用をするよりも玄関網戸にして風通しを良くすることで自然な風を送り込むことができます。
玄関網戸にすれば自然と涼しい風が吹くので、無駄に電気代をかけることなく毎日エコな生活を送ることができます。
クーラーに比べて自然の風は五感全てを使って涼しさを体感することができます。
玄関網戸以外にも空気の通り道を作ることによって部屋の中にいるカビの繁殖防止や湿気対策などが行えます。
玄関網戸を空気の入れる入り口として考えるなら、それを逃がすための出口を作る必要があります。
入り口だけを作っていては外から入った空気の逃げ道が無くなってしまいます。
そのため入り口一つに対して一つから二つの出口を作っておくことによって、全ての空気を入れ替えることができます。

家庭の中でも一番電気代を消費するとされているのがクーラーだといわれています。
地球環境のことを考えて毎日クーラーから玄関網戸にすることで、1日1日の電気代を節約することができ、地球環境にとっても良いものにすることができます。